債務整理と過払い金請求とは??

借金の問題でお悩みの方は債務整理で解決する事ができます


債務整理と過払い金請求を徹底調査

借金の問題を抱えている皆さんのお役に立てるようなサイトを目指しております. 債務整理、過払い金に関する情報を後悔し、1人でも多くの方の借金の問題の解決の手助けができればと思っています。

■債務整理とは

様々な整理方法がある

債務整理と言うのは、簡単に言ってしまえば「法律的に一度借金を見直してみて、無理のないような生活を送ることができるようになる借金で困っている人を再生させる方法のこと」です。

具体的には、3つあります。1つ目は、任意整理です。 任意整理というのは、債権者と話し合って借金を減らすことをいいます。また、任意整理を行うと、ほとんどの金融業者が「以降の利息は支払わなくて良いです」という約束で返済に応じてくれるようになります。

これは、借りたお金だけを返せばよいということなので、今まで支払っていた高額な利息を支払わなくてよくなるので、生活に余裕がでてきます。 任意整理を行った場合、弁護士に任せると債権者に「受任通知」というものが届き、弁護士との交渉が成立するまで借金の返済を止めることができます。 

次に、2つ目ですが、これは民事再生です。民事再生というのは、裁判所が認めた住宅ローン以外の借金を減らせる方法です。この方法は、サラリーマンなど一定の安定した収入がある方が対象となっており、住宅を持っている場合は住宅を手放さないで借金を返済することができます。原則3年間の支払い期限と言うものが存在するため、しっかり返済計画を立てないといけないというデメリットがあります。

また、デメリットと言うと民事再生を行うと官報に掲載されてしまうため、金融業者や信用機関のブラックリストに記載されてしまい役7年間新しい借金を行うことができなくなってしまいます。

民事再生の場合、弁護士と民事再生が可能かどうか相談を行い、弁護士が民事再生の書類を裁判所に提出すれば、あとはなにもすることはありません。 また、弁護士に依頼した時点でさきほどと同様に、借金の取り立てが停止します。

最後の3つ目は、自己破産です。自己破産と言うのは、任意整理や民事再生などといった債務整理でも返すことができないほど抱えた借金を帳消しにする方法です。 つまり、債務整理の中でもあまり使われない方法です。

これを行うと、一定の財産を処分しなくてはいけないというデメリットがあり、保証人がいる場合は保証人に保証義務が追求されてしまう場合があります。 また、ブラックリストに載ってしまうというデメリットもあります。このように、債務整理には様々な方法があるので自分の立場を見てみてどれが最適か判断し、弁護士に依頼してみてください。

長期間借金の返済をしている方、完済した方の中には過払い金が発生している方もいます。この過払い金が発生している人は多く、気づいていない方もいます。もし自分の過払い金が発生いている可能性がある方は弁護士などに相談してみましょう。発生している事が分かれば過払い金請求をする事で支払いすぎていたお金を取り戻す事ができます。

詳細はこちらへ➡過払い金請求 法律事務所 ランキング